サークル規約

第1条(名称)
本会は、「Long ride group Cycle Circle」(以下、本サークル)、通称を「Cycle Circle」と称します。

第2条(所在および事務局)
本サークルの所在および事務局は、サークル代表宅へ置く。

第3条(趣旨)
本サークルは、同じ趣味を持った仲間が集団で走行する環境を設けることで、メンバーがお互いを刺激し合い、高め合える環境、仲間との出会いを大切にする環境を提供している。
本規約は、メンバー個人のマナーアップとサークルとの関わり方を明記したものである。

第4条(目的)
本サークルは、メンバー相互の親睦を図り、サイクリングを通して地域の自然を肌で感じ、魅力を発信することで社会に貢献します。
また、サイクリングに挑戦したいと思える環境や楽しめる環境を提供します。

第5条(活動内容)
本サークルは、前条の目的を達成するために次の活動を行います。
1.サークル走行会
2.サークルホームページによる情報発信
3.メンバー交流会(以下、ミーティング)
4.その他、本サークルの目的を達成するために必要な活動

第6条(組織)
本サークルは、以下のメンバーで組織します。
1.本サークルが掲げる趣旨および目的に賛同し、自発的に参加できる人
2.サークルの運営に積極的に参加できる人
3.サイクリングを心底から楽しいと感じることができる人

第7条(解散)
本サークルは、運営の継続が不可能となった場合、発起人であるサークル代表の指示によって本会を解散させることが出来る。

第8条(会費と運営費)
(会費)
会費は、基本的に徴収しない。
ただし、走行する環境にない場合やメンバーで集会等を行う(懇親会や忘年会を含む)場合は、運営費として参加メンバーから500円を徴収する。

(運営費)
運営費は、別途資料(収支報告)をもって使途を明確にする。
また、運営費でチームグッズ(第39条)の買取は行わない。

第9条(会計年度)
会計年度は、毎年1月1日から12月31日までとします。
運営費の収支は、年に1回の収支報告を必須とし、全メンバーに報告する。

第10条(新規メンバーの勧誘)
メンバーによる新規メンバーの勧誘は、サークルの運営に支障が出ない程度に各自で責任をもって行うこととする。
本サークルとしては、以下のような方を歓迎する
1.現所属メンバーと仲良く楽しめる方
2.競技出場などを目的としている方ではなく、一緒にサイクリングを楽しみたいという方
3.安全を最優先して走行できる方
4.サークルコンセプトに適した方

第11条(新メンバー)
本サークルは、ホームページよりメンバー登録もしくは規定の登録申請書によって登録した人をサークルの新メンバーとするが、以下に定める条件をクリアしなければならない。
1.最低限の自転車マナーを遵守できること
2.ロードバイクやクロスバイク等、スポーツバイクの愛好者であること
3.性別や経験は問わないが、高校生を除く18歳以上であること

第12条(新メンバーの期間)
新メンバーである期間を以下のように定める。
1.新メンバーである期間は、登録した年の12月31日までとする
2.新メンバーである期間は、サークルお試し参加期間として参加回数の制限は設けない
3.上記期間中に参加した活動については、翌年からの活動条件(年1回参加必須)に反映できる

第13条(未成年メンバー)
未成年者(以下、未成年メンバー)が本サークルに登録する際、保護者または親権者の同意を必要とする。
また、活動中に事故等で過失や損害を起こした場合は、登録の同意を得た保護者や親権者にも連絡することを忘れてはならない。その他、未成年メンバーに関する規定は、以下の通り。
1.高校生を除く18歳以上であること
2.飲酒や喫煙等の環境下において、社会的マナーが遵守できること
3.活動に参加する上で、移動手段を持ち合わせていること
4.活動毎に保護者および親権者の同意が得られること
5.第11条(新メンバー)の条件がクリアできること
6.20歳を迎えた時点でサークル活動におけるすべて(メンバー同等)の責任を負うこと

第14条(保護者および親権者の同意)
本サークルに登録しようとする未成年者の保護者や親権者は、以下のことを把握した上で登録(同意)を認めること。
1.未成年メンバーが起こした過失や損害、および本人あるいは被害者が死亡した際や医療費が発生した場合の全責任は保護者や親権者にあるものとし、本サークルは一切の責任を負わないものとする
2.同意書の有効期間は、未成年メンバーが未成年者である期間とする
3.同意書は未成年メンバーが20歳を迎えるとともに廃棄でき、保護者および親権者は、以降の本サークルの関わりを保護者あるいは親権者であった登録者本人に委ねられる

第15条(メンバー期間)
メンバーである期間は毎年1月1日から1年間とし、申告がない場合は自動更新するものとする。
ただし、以下の場合はメンバー期間の自動更新を見送る。
1.1年間本サークルの活動に参加しなかった場合(最低、年1回はサークル活動へ参加すること)
2.サークルの活動中、本サークルの運営に支障をきたす行為を行った場合

第16条(申出によるメンバー資格の更新)
メンバー資格が自動更新されないメンバーは、指定された日時までに申告することで、メンバー資格の更新を認める。
ただし、以下の場合は自然退会および強制退会となる。
1.過去に更新を認めたが、猶予があったにもかかわらず、1年間活動に参加する意思がない場合
2.メンバー資格更新の申告を行わない場合
3.未納金を放置している場合

第17条(退会)
メンバーは、申告することによって期間に関係なく任意で退会することができる。

第18条(強制退会)
以下の場合は、メンバー本人の意思に関係なく退会させることができる。
1.1年間サークル活動への参加がない場合
2.サークルの運営に支障をきたす行為を行った場合
3.公序良俗に反する行為を行った場合
4.宗教や教派、宗派および教団に関する活動を行った場合
5.メンバーおよび役員が当該メンバーのメンバー資格の自動更新を認めない場合
6.その他、上記に相当する行為を行った場合

第19条(役員)
本サークルの運営のために、次の役員を置く。
サークル代表   1名
男性リーダー   1名
女性リーダー   1名
会  計     1名
運営マネージャー 若干名

第20条(役員の解任)
役員の解任が認められた場合は、早急に役員内でミーティングを行い、臨時の役員を決定する。
ただし、以下の場合は任期中であっても役員を解任することができる。
1.該当する役員が心身等の故障により任務継続が不可能となった場合
2.該当する役員が本サークルから退会せざるを得ないとき
3.メンバーより不信任案が提出された場合
4.該当する役員から辞退の申告があった場合

第21条(役員の任務)
役員はサークルの発展と円滑なサークル運営に努める。その他、役員の任務は次のとおりとする。
1.サークル代表はサークル全体を統括し、メンバーの個人情報の管理、ホームページの運用等を担う
2.サークル代表と男性リーダーおよび女性リーダーは、活動時のメンバーの統括を担う
3.男性リーダーは、男性メンバーの意見をサークルの運営に反映させるよう努める
4.女性リーダーは、女性メンバーの意見をサークルの運営に反映させるよう努める
5.会計は、サークル運営費などサークルの運営に関わる費用すべての会計を掌握する
6.運営マネージャーは、必要に応じて運営面でのサポートを行い、円滑なサークルの運営を目指す

第22条(役員の選出)
サークル代表以外の役員は、メンバーの推薦または立候補によって選出し、投票者の過半数の承認をもって決定する。

第23条(役員の兼務)
役員は兼務を可能とする。
ただし、兼務は2役職までとする。

第24条(役員の任期)
任期は、サークル代表を除く役員が1年間。
臨時役員は、選任されたその日から12月31日までとする。

第25条(役員の続投)
任期終了後に全メンバーに確認の後、役員の新たな立候補および推薦がない場合は、前年に引き続き役員を続投させることが出来る。ただし、サークル代表を除く役員の続投は、最大で5年までとする。

第26条(役員の不足)
前任者が最大5年の続投期間を終えて退任し、新任の役員が決定しない場合は、該当する役職を休止することが出来る。ただし、サークル代表と会計役員は休止することが出来ない。

第27条(サークルデー)
本サークルでは、別途定める日をサークルデー(活動日)と定める。
サークルデー(活動日)の設定基準は、以下の通り
1.毎月2回のサークルデー(活動日)を設ける
2.奇数月は第1・3・5週、偶数月は第2・4週を活動週とする
3.活動週の土曜日あるいは日曜日をサークルデー(活動日)とする
4.土曜日開催と日曜日開催の割合は公平になるよう配慮する
5.その他、臨時走行会が行われる日

第28条(走行会の企画)
企画者は、メンバーの参加状況を把握するとともに、安全な走行会の実施を心がける。
また、円滑な走行会の実施に向けて次のことを行う。
1.具体的な企画案が決まったら、企画日程と活動内容を代表へ連絡して日程を調整する
2.走行会前日までに集合場所と集合時間を明確にし、全メンバーに周知する
3.雨天や荒天の場合は原則中止とし、前日までに決定する
4.その他、必要とする事項の連絡

第29条(企画の管理とアナウンス)
企画の管理および全メンバーへのアナウンスは、一括して代表が担う。
企画の管理については、以下のように行います。
1.企画の投入(設定)は先着順とする。
2.内容に期間や季節限定が絡む場合は、必要に応じて企画者と調整する
3.走行会を企画したいが、サポートが必要な方は応相談
4.梅雨入りから梅雨明けまでの期間をオフシーズンとする。

第30条(走行会実施可否の判断)
荒天などによる走行会実施可否の判断は企画者に委ねるが、無理をしないよう安全を最優先すること。
以下2つ以上に該当する状況であれば、本サークルとしては延期または中止を要請する。
1.降水確率が40%以上
2.予報に傘のマークがある
3.予報に雪のマークがある
4.前日が雨天で、当日の走行直前の現地の路面状況がドライでない
5.走行中(完走するまで)に降雨または降雪の可能性がある

第31条(走行会への参加)
走行会に参加するメンバーは、以下のことを把握した上で参加を認める。
1.走行会出発前までに、点検や整備を必ず実施し、交通安全に心がける
2.指定された場所に、指定された時間に集合すること
3.指定された時間に集合できない場合は、速やかに代表もしくは企画者に連絡する
4.現地までの交通費等の必要経費は、参加者の自己負担とする
5.レンタサイクルを利用する場合は、集合時間までに手続きを済ませて集合すること
6.走行中はヘルメットの着用を義務づけ、安全に走行すること
7.万が一の時に備えて免許証や保険証等、身分を証明するものの携帯を必須とする
8.体調管理や補給は各々で行うこと

第32条(臨時走行会)
次の条件を満たす場合は臨時走行会としてみなし、サークル活動とすることができる。
1.サークルが定める活動スケジュールに無い日程で開催される走行会
2.全メンバーに開催を周知して、メンバーの参加がある走行会
3.その他、企画の内容や走行会の雰囲気によって、メンバーがサークル活動として認めた走行会

第33条(サークル活動以外の走行会)
メンバー個人が企画する(サークル活動として行わない)走行会について、サークル内での参加者の募集を行なうことは可能だが、走行会に関する規定は企画者に委ねる。
外部イベントや大会への参加については、本サークルのチームジャージを着用しての出場や走行も可能だが、自己の責任と規定遵守を徹底し、メンバーとして恥じない行動を心がけること。

第34条(部外者の参加)
部外者が本サークルの活動へ参加する場合、本サークルからの制約は求めない。
この際の部外者とは、メンバーの親や子、友人とする。

第35条(部外者の特例条件)
本サークルメンバー(誘う者)と部外者(誘われた者)は、以下のことを把握した上で参加を認める。

◎部外者(誘われた者)
1.チームの一員として、活動を一緒に楽しむこと。
2.本サークルは活動中の事故や転倒による自転車の破損、および本人または被害者が死亡した際や医療費が発生した際の全責任を負わない。

◎サークルメンバー(誘う者)
1.誘った以上、段取りを含めて部外者を管理・指導すること。
2.サークルに損害が発生した場合は、誘った自身も関わること。

第36条(大会へのエントリー)
エントリーにかかる費用は自己負担とし、サークルからの補助はない。
出走前に点検と整備を実施し、出走中は精一杯全力で安全に走りきることを目標とする。
また、次の条件を満たす場合は、サークル活動の一環として大会に出場したものとみなす。
1.複数のサークルメンバーが個人、あるいはチームとしてエントリーしたもの
2.構成人数に関係なく、サークルチームとしてエントリーしたもの
3.その他、サークル活動の一環として認められたもの

第37条(ミーティングの開催)
ミーティングは、メンバー間の親睦を深めることを目的として適宜開催する。
その他、役員や幹事の呼びかけで必要に応じて開かれるものとする。
また、懇親会と忘年会の開催を必須とする。

第38条(ミーティング内容)
ミーティングでは、以下の事項について話し合う。
1.サークルの運営方針についての意見交換
2.今後の活動や走行会について
3.メンバー間の情報共有
4.その他、話し合っておくべき事項

第39条(チームグッズ)
チームグッズとは、メンバーの士気を高めるための共通の物品のこと。購入は任意であるが、以下のことを把握した上で私生活に影響が出ない程度に購入することとする。
1.チームグッズの購入にかかるお金をサークル価格と定める
2.サークル価格には、原価とは別に500円程度のサークル運営費が含まれている
3.不要となった物品(チームグッズを含む)をメンバー相互で売買することは可能だが、金額の設定等は常識の範囲内で行うこと
4.退会や登録解除に伴って不要となったチームグッズは、各市町村の規定に基づいて各々で処分する。

第40条(自転車保険)
本サークルは、スポーツ団体保険への加入を行わない。
本サークル内での事故及び過失はメンバー各々の責任とし、該当するメンバーの保険を適用する。
自転車保険への加入は任意であるが、本サークルでは加入するよう勧める。

第41条(個人情報の取り扱い)
本サークルでは、個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守し、メンバーの個人情報の保護に万全を尽くします。
また、個人情報の管理は一括してサークル代表が行い、一部メンバーの情報をサークル内で共有します。

第42条(個人情報の収集)
本サークルでは、次のような場合に必要な範囲で個人情報を収集することがあります。
1.本サークルへのメンバー登録
2.本サークルへのお問合せ
3.その他サークルの運営に必要な場合

第43条(個人情報の開示や訂正等)
本サークルは、メンバーからの自己情報の開示や訂正、削除などの要請があった場合は確実に応じます。
また、メンバー資格を失効した場合も速やかに削除します。

第44条(個人情報の利用目的)
本サークルでは、取得した個人情報を第三者に開示または提供することはありません。
ただし、次の場合は除きます。
1.メンバー本人からの同意がある場合
2.警察からの要請など官公署からの要請の場合
3.法律の適用を受ける場合

第45条(変更・細則)
この規約のほか、本サークルの詳細は役員の承認を得ることで変更できるものとし、変更する内容は役員に一任する。
役員は、出来る限りメンバーの意見を反映させるよう努力する。

付則

1.本サークルの所在および事務局の詳細
本サークルの所在および事務局(サークル代表宅)は以下の通りです。

住 所:岡山県倉敷市

2.役員の詳細
(第18条~第22条、役員に関する規定について)
2020年は、サークル代表、会計の2名で運営を行います。

3.本規約の施行日
この規約は、承認された翌日から施行します。
本規約施行日:2018年1月1日

4.規約改定
2018年6月1日(愛媛エリア活動休止に伴う規約改定)
2019年1月1日(運営体制の簡素化に向けた役員の削減)
2020年1月1日(規約内容の簡素化および一部内容の修正)